風曜日の月

終わりゆく僕らのヴァナディールで遊んだ記録。

師走の暗晦参り、クリスマス決戦

年も明けたというのに師走だのクリスマスだの、ここだけ時間軸がずれてるFF11ブログです。

普段よく一緒に遊んでくれる&こういう遊びに付き合ってくれそう&時間の都合を合わせてくれそう(僕とサムの都合上、固定曜日活動ができないので)&マストラ初見な知り合いに声をかけ、「マストラ3種に突撃し隊」を結成し、12月は「暗晦の王」に通ってました。制限時間60分で、闇王、オーク帝、亀王、ヤグ神の4体を倒すBFですね。

以下、戦いの記録?をダラダラと。構成も戦闘の流れも「これが正解」ってわけじゃなくて「チームゆるふわのマストラはこうだった!」というタダのチラシの裏です。なお、勝利まではトータル12戦ほどかかりました。勝利したのは、12月25日のクリスマスでした。(1/9追記、これ入れるの忘れてた!)


戦闘の流れと構成

・戦闘の流れ
強化後、忍者①が防御装備で突っ込んで4体をかき集めフルアビ使ったララで寝かせ。
ヤグ→オーク→亀→闇王の順に起こして1体ずつ倒す。

ヤグは突、オークは斬、亀は打を一定ダメージ与え続けていないと、光るエフェクトを纏う。っぽい。このエフェクト中はダメカットが発生し、SPを使用する。らしい。それぞれの弱点属性による与ダメージでエフェクトは解除可能。らしい。攻略情報をガッツリチェックせずに挑んだので詳しいギミックを知りませんッ。使用技は、アルタナエリアの闇王と獣人トップに準拠。

・構成
忍/戦(丙子)×2、コ/白(フォーマル)、吟/白(ギダ)、風/赤(イドリス)、白/赤(ヤグ)

コのフォーマルは攻略に直結してくるわけじゃないんですが、暇になったら削りに参加してもらっていたので一応記載。

僕は忍者。サムはコルセア。相方忍者は、近接遠隔精霊ペットのどれをお願いしても突出した削りを見せてくれるジョーさん。吟は、洞察力に定評があり、ジョブの動きが変態枠(誉め言葉)のトガシさん。なお、ただの変態枠(誉めてない)はサムです。風は、こんなにいい人いるのか!と思わず感動した野良主催仲間のルネさん。白は、キーボードオンリー操作の高速反応機、ドーラさん。という中身でした。


各ジョブの役割と支援内容

突入前に倉庫コルセアによるサムライ・ローグ有。そのため、ヤグ攻略中はロール4枠のドーピング状態でした。

・忍①
開幕は、防御カット装備に着替えて突っ込みララ用に4体を集める係。常時片手刀でひたすら瞬瞬瞬。亀王のみ、斬にカットが発生したらメインを片手棍に持ち替えて、打ダメージの補足を。

・忍②
ヤグでは短剣二刀流(ターニオン×2)でエヴィ。亀では片手棍二刀流(マフィック、エオスカス)に持ち替えてトゥルー。オークと闇王は片手刀。

・忍者共通
蝉の張替えを普段より丁寧に。ヤグ以外は身替りも常時張っておいたほうが良さげ。4体とも連携前提だが、連携を意識しすぎると削りが遅くなるので(実際遅くなった)、お互いTP1500くらいで即撃ちして自然に連携が成立する感じのほうがいいと思う。食事はスシ。

ヤグ :脱衣技があるので全身着替えマクロを作っておいてポチる
闇王 :分身したら分身から倒す、ドゥームアークはカーズナもらいつつ聖水も連打


・コ/白
全体通して、忍①の回復治癒のサブ担当。特にヤグの範囲計略に即イレース大事。ヤグ以外は暇な時にラススタで削り参加。食事は味噌ラーメン。

ヤグ :ファイター、カオス ※思ったより連携ダメージが出ないためファイター
オーク:アライズ、カオス ※片手刀同士なのでアライズ
亀  :サムライ、カオス ※片手棍WSの回転率を上げるべくサムライ
闇王 :アライズ、カオス ※片手刀同士なので(略)


・吟/白
大前提となる、ララによる寝かせ担当。基本、アビ〇の時は風水支援なしのアビ使用で寝かせ。アビがないときのみ風水にインデランゴを纏ってもらって呼ぶ感じ。全体通して、忍②の回復治癒のサブ担当。特にヤグの範囲計略に即イレース大事。また、全体通して歌に大きな変化なし。食事は近東鍋。

前衛:栄典マチマドスケ+メヌorマド ※これは様子見ながら切り替えてたらしい
後衛:バラバラマチスケ、余裕があれば風にピンミンネ
敵歌:エレジーとノクターンは常時維持、強化にフィナーレ


・風/赤
指定の風水魔法をかける。カット装備で常に前衛のそばに立ってもらった。後半、吟の指示でインデランゴをまとって下がったりも。とにかく死なないのが仕事。食事は味噌ラーメン。

ヤグ  :ジオフレイル、インデヴェックス、エントラアトゥーン
オーク :ジオフレイル、インデフューリー、エントラデック
亀と闇王:ジオフレイル、インデフューリー、エントラリキャごとにウィルト

ヤグは、勝利時以外はずっとエントラフェイドだったが、勝利時に思い立ちアトゥーンに変更。おかげでメルトンのダメージが軽減されたかもしれない。亀と闇王は、噂の「範囲が超広くなる」モードになってしまい、トガシさんがとっさにウィルトを指示したらしい。


・白/赤
回復、治癒。やっていることが4文字で終わってしまうけれど、1番神経削って踏ん張ってくれてた。開幕で、忍①が4体を集める際、事前に羽衣と大ケアル(ソラススキン)をかけてあげる。待機中は常時カット装備。食事はブラックカレーパン。

ヤグ :バエアロラ、範囲計略のイレースはコ吟に任せてケアル専念、メルトンに素早く女神
※勝利時のみバエアロラでそれまでバサンダラ。スタンよりヴォーティの事故が多かったので。
オーク:範囲に巻き込まれないように注意しつつ、MPに余裕があれば風にソラスケアル
亀  :オークと同じ
闇王 :宣告とインプロージョンに注意する

なお、ドーラさんに待機用のカット装備を見せてもらったところこんなカンジ

本人曰く「突き詰めてないけど充分耐えれた。バラバラくれる前提でリフレは削ってある」とのこと。勝利時の「範囲が超広くなる」モードに気づいたばかりの頃事故死してたっぽいけど、後半はほぼこれで耐えてた。※装備掲載は、ドーラさん許可済


ヤグ最強説

攻略情報は出てるし、マストラ3種の中だと暗晦が1番カンタンらしいし、(僕以外は)みんな上手くて強くて装備揃ってるメンバーだし、アッサリ勝てちゃうかもねwあ、ごめん、ちゃんと攻略情報見てこなかったからトガシさんに支援の指示任せていい?w片手棍と短剣が要ることくらいしか知らないんだわwwしかも2本じゃなくて1本ずつしか持ってないけどw最近忙しくて武器取りに行く暇なかったwwまーなんとかなるっしょww

みたいな忍者が混じると、1体目のヤグを15分近く殴り続けた挙句(ヤグの討伐目安は5分らしい)範囲計略で全滅して「これ勝てんの?w」みたいな絶望的な初戦を迎えることになるから、武器の準備だけはしっかりしような!(教訓)

ほんと、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

そんなもんだから、初日はヤグさん強すぎwで終わったんですが、2日目はデキる忍者のジョーさんが短剣と片手棍をキッチリ二刀流で用意してくれてヤグを削れるようになりました。まあ、それでもヤグが最難関だと思ってます。

ヤグは召学のハイブリットで、計略が範囲なので蝉はがされるうえに初弾ダメージがそこそこあるので即イレース必須だし、スタンはするし、脱衣技時に即着替えが必要だし、ヴォーティコンサンズは痛いし、メルトンが壊滅トリガーになるし、4体中最強なイメージです。

実際、勝利までの12戦中、ヤグで全滅パターンが2/3で、ヤグさえ超えたら闇王まではわりとアッサリ。本勝利前にも闇王の残HPが@糸2本分くらい!かーらーの全滅が1回。闇王の残HPが@糸3本分くらい!かーらーの時間切れが1回ありました。惜しい!悔しい!もうこの2回は勝ちってことでいいだろ!いいわけないよね、ウン。

時間切れのときは、亀がそれこそ残HP@1ミリって時に女神しやがりまして、実質2匹分を削ることになって時間が足りなくなりました。あの女神の瞬間と、そこからの闇王での時間切れの瞬間は、「だあああ」だの「うそおお」だのすごい勢いで水色のチャットが流れました。亀は一生許さん。

闇王は、宣告が怖かったんですが、宣告死は最初から最後までなかったような。あったっけ?安全にいくならギシドゥバサッシュなんか用意しておいたほうがいいかもしれません。用意しなかったけど。闇王の忍者事故パターンは、二刀流で攻撃速度アップ中のマイティでガッツリ逝く系と、インプロージョンですかね。

オークはガツガツ削れるし、怖い技もないし、1番優しい子でした。


泥臭い勝利と体感難易度

勝利時は1番苦戦したというか、かなり泥臭い勝利でした。


 勝利後即座に王の間を飛び出して、お約束の光る両手剣を振り回す会が行われる 

風の役割分担でチラっと触れましたが、亀と闇王が「バグレベルで敵の範囲攻撃が広くなる」モードになってしまったんですね。どのくらい広いかというと、殴る個体は毎回入口まで運んで、忍2はそれぞれ大きな燭台みたいなやつを背に挟む形にしてたんですが、その位置に置いてるにも関わらず奥の玉座の階段下あたりでも範囲が届くという恐ろしさ。

もうね、後衛がボロボロ死ぬ死ぬ。特にコルセアのサムなんて、1番カット装備がないし、5-6回転がってたんじゃないだろうか。それでも、後衛の踏ん張りで忍者は最後まで1回も死なずに殴り続けてられたので勝てました。早い段階で「離れても意味ないから、せめて回復しやすいように全員前衛と風水付近に固まろう」って白のドーラさんが提案してくれて、守護神の如く回復治癒してくれたのが大きかったかも。

この、範囲攻撃が超広くなるモードは、勝利時と、負け戦のときも1回くらい発生してましたが、いずれもトリガーは不明です。有益な情報が提供できないブログですまんな!


そんなこんなで掴んだ勝利だし、そもそも勝利まで12戦もかかった僕が言えるセリフじゃないかもしれませんが、終わってみれば、そこまで「キツイ!無理!」って程じゃなかったかも?いつか誰かのブログで見かけた言葉で「マストラより今月のアンバス1章とてむずの方が難しい」ってのがあって、僕的にはサハギン・ラミアあたりに当てはめるとしっくりくる感じです。(なおラミアの盾は、僕の、もうやりたくねーランキング1位)

正直、事前に攻略情報をマトモに確認していたのは吟のトガシさんと白のドーラさんくらいだったんじゃなかろうか。僕含め残り4人はサラっと見てきました^^程度だった気がします。そんなゆるふわっぷりでも何とかなりましたし、これはこれで1戦ごとに発見や成長があって楽しい時間でした。

まあ、忍者で参加したからそんな風に思えるだけかもしれませんけどね。白のドーラさんなんかは1番神経削って踏ん張ってくれてたと思うし(何回も言うよ)、全体に後衛側に負担がかかるというか、後衛が上手に動いてくれてたから「思ったよりキツくない」って感じるんだろうなー。

僕の忍者は、普段より丁寧に蝉を回して地道に削るだけのポジションでした。おまけに装備が結構ひどくて、当時リアルの忙しさにかまけて未調整で参加するという体たらく。このときの忍者の装備は公開できるレベルじゃないので、このときの通常殴りの命攻だけコッソリ晒しますね。



全体に命中がひどい感じですがwwこれでも倒せましたww周りに負担を強いていたかもしれないww反省したので現在はもう少しマシになってるww

いずれにしても、ガチ勢なら1戦目か2戦目あたりでサクっと勝てちゃうんだろうなーと思える難易度でした。あ、ほんとのガチ勢は実装直後から挑戦して攻略情報を展開してくれた方達ですね、多謝。「真っ白な状態で強敵に挑む」シチュエーションは羨ましいです。実装されてすぐに乗り込める準備ができていたプレイヤーさん達ですね。マストラ4弾目、実装されないかなあ。なんて、身の程知らずですかねw


あけましておめでとうございます

よし、これで僕の2017年のヴァナのお話はおしまい。やっと、2018年に入れるってもんです。
では、あらためて、

あけましておめでとうございます!
2018年もゆるゆるとヴァナで遊び、ゆるゆるとブログを続ける所存!

いつまで遊べるかなあ、と少し淋しい気持ちでヴァナに帰還してもう4年目。
意外としぶといこの世界で、僕もしぶとく遊びます。

今年は何して遊ぼうか。

コメント

このブログについて

某鯖、某プレイヤーによるFF11雑記。

ジラ組。2011年春休止。2014年冬復帰。ボッチ系野良主催だったはずですが、2016年に復帰したリアフレのサムやフレのドーラさん、何でもできるトガシさんや、毒舌かわいいSNさん、脳筋一筋ジョーさんなどなど最近はトモダチが増えてきた様子。大体いつも知り合い数人+野良メンバーで遊んでます。

そんな僕らの脱力的日常から、厨二病ポエムまで幅広く扱う雑食系ブログです。非攻略ブログのため、攻略っぽい記事はお手本ではなく「ヘタレな僕だけどがんばったよ」的なただのチラシの裏です。

プレイヤーの名前は全て仮名です。

風曜日に直接メッセージを送りたいという場合は、サイドバー最下段のフォームから。

リンクはフリー、報告不要です。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ブログ内検索

アーカイブ

直訴はこちらから