風曜日の月

終わりゆく僕らのヴァナディールで遊んだ記録。

吟なしで挑むヴィニパタ



必死すぎてSS撮れなかったので。
反省はしていない。



護衛寝かせキープ問題

Google先生に「ヴィニパタ」について尋ねてみると、出てくる構成は全部吟入りです。ヴィニパタには、ポップ時に2体、残HPの割合で更に4体、最大で6体の「護衛」が沸くからですね。しかも、この護衛は倒しても倒しても沸くんだとか。精霊構成でも召喚パッセであっても吟で寝かせるのが鉄板で、黒のブレクガを繋ぎに使うらしいです。

ヴィニパタに挑むにあたり、僕がまず考えたのが、この「護衛の寝かせ」でした。なぜならば、6人に増えた「チームゆるふわ」の僕らの中で吟を出せる人間は1人だけ。そして、メンバーの持ちジョブの都合上、その人が吟を出す構成にしてしまうと色々とたちゆかないからです。そう僕らは「チームゆるふわ」であり「チームたちゆか」でもあるのですッ。(ラジュリーズに敬礼ッ)


ということで、本番前のテストターイム!光属性系睡眠、且つ、組み込めるジョブ都合により、リポーズとシープソングを試してみました。

・リポーズ  :印つきで90秒まるまる寝る、が、印ないとレジレジ
・シープソング:印つきで60秒まるまる寝る、が、印ないとレジレジ

なお、支援はワーロックスロールのみ。ヴィニパタ自体は召喚パッセでやるので、寝かせ役にかけてあげられるのはせいぜいこのワーロックスくらいになります。そして、このテスト結果から、寝かせキープは白に決定。2体同時に寝かせられるシープソングも捨てがたいのですが、印が必須=コルセアのランダムディールが必須。んで、ランダムディールは召喚も欲しいところなので前に出ないといけない青より召コの位置に一緒に居られる白がいいだろうと判断しました。うむ、なんとかたちゆきそうであるな。

ちなみに、印を使って最初の2体を寝かせた後、後続で沸いた分はどーすんの?って話ですが、一気に削ることによって途中の2体はスキップできるらしいので、それに期待。最後に沸く2体に関しては、ワイルドカードによる印の復活を期待するか、最後付近なんだしゴリ押ししたらいいよね?という、いつもながらのテキトーっぷりです。



枉曲によるアムネジア問題

んじゃ、まあ、とりあえずどのくらい削れるかやってみようってことでやってみた1戦目。

・構成
ナ召召風コ白
ニルは1本のみ、風はイドリス
召喚は2人ともジョブポ1700あたり

・作戦的なもの
事前にドラケンビーストと各種強化をかける
沸かせる直前にナイトがホーリーサークル
沸かせたら、風水がボルスターのトーパーフレイル
コルセアはディアIIとライトショット2発、召喚のアポジと白の印の後ランダムディール
召喚はアポジ >>> パッセのボルストで削りまくる
白は緑の護衛に印リポーズ、ランダムディール後に青の護衛に印リポーズ
ナイトは沸かせた後にセプルカーを忘れず、あとはフルアビでタゲ維持

・結果
途中で敗走。
開幕ボルスターからのパッセボルスト連打で削り始めるも、羅刹之断・枉曲によるアムネジアでラムウが無力化。一旦呼びなおしているうちにパッセ終了。アポジを繰り出したあたりで、また羅刹之断・枉曲。そうこうしているうちに次の2体が沸いてしまい、戦局が混乱。混乱時に風水が転がり、起き上がるも再度即死。風水なしじゃ無理だろうってことで、仕切りなおしのため敗走と相成りました。


ああ、アムネジアがあったね。(白目)


精霊構成とは逆に、物理向きの「羅刹の型」をキープすることを大前提に考えていたのですが、羅刹の型中のWS3種にアムネジアが紛れ込んでいるという罠。WSは必ず3回セットで、かつどのWSが来るか毎回ランダム。3連続で羅刹之断・枉曲が回避できる確率は・・・算数苦手なのでエライ人に任せた!とにかく、これが来てしまうと、ラムウ自体がアムネジアになっちゃっうので、ラムウの出しなおしが必要になってしまいます。

「運まかせ」で更に4戦ほどしてみましたが、くじ引きはハズレ(枉曲)が多く、1番長く続いたパッセで15秒ほど。この15秒ほど維持できたときはかなり削ることができたのですが、最後の5%が削れず。アムネジアでラムウを出しなおしているとパッセが時間切れになるし、その後通常リキャの履行で削っているとジリ貧で風水が転がるっていう。また、後半のジリ貧にはナイト的にもよくありません。5秒カウントの死の宣告が飛んできちゃうんですよね。聖水連打で1回目は回避できましたが、2回目の宣告は間に合わずナイトが死亡、からの全滅もありました。ぐぎぎぎ。



結局「運」だったけれど、これもまた「運命」

削るペースを見る限りでは、召喚2名のパッセの継続時間合計が40秒程+アポジがあれば、何とかなりそうな感じがしました。そこで、運命の6戦目。作戦はほぼ変更なし。ただし、召喚の削るタイミングをずらしました。

沸かせる >>> 羅刹の型 >>> 羅刹之断① >>> 羅刹之断② >>> 羅刹之断③ >>> 羅刹の型

というルーチンの中で、沸かせてから羅刹之断①(1回目のクジ引き)までに15秒~20秒程度余裕があります。ここでまず1人目の召喚がパッセボルスト、もう1人の召喚はアポジのみ。羅刹之断①②③のクジ引き中にアムネジアが来たら、ラムウを出しなおして単発ボルストに切り替え。羅刹之断③のクジ引き結果を見たら、即、2人目の召喚がパッセボルストを開始して、もう1人の召喚はアポジ。というカンジでリスク分散を狙ったわけです。

・結果
白弱点が出て、ヴィニパタのテラー中に勝利!
前半の召喚①によるパッセボルストと、召喚②によるアポジの段階で4割近く削ることができ、おお、このペースならいける!と思った瞬間、ヴィニパタが固まって動かなくなったのです。ナイトの僕視点だと白弱点が見えず、「あれ?ヴィニパタ止まった?僕の回線が落ちた!?」と焦りました。まあ、白弱点さえついちゃったら召喚②によるパッセ追撃でアッサリと〆です。

勝因は「運」ってことになっちゃいますけど、召喚のパッセのタイミングをずらす、ってのは今後も何かに応用できるといいなって思ってます。もしこれでダメなら、夜叉キープで試そうかと思ってたんですよね。アムネジアさえこなければ物理ハーフカットでもいけるんじゃないかなーって。ただ、そうなると、ヴィニパタに弱体3種を入れ続ける必要があるので編成でまた悩みそうかな。まあ、何にせよ勝てて良かった!

なお、ホーリーサークル、セプルカー、風水支援、ロールという支援が重複し、かつ相手が打のマイナス耐性持ちってことで、ニル持ちだとカンストが出せる模様。↓



ハイ、勝てば官軍、そのとおり。けど、まあ、なにぶん弱小チームなのでお目こぼしいただきたく。僕らが色々な編成で遊べるようになるのには、少し時間がかかりそうです。

コメント

1. 無題

コメントを書きすぎかな?自重しようと思ったところにこの記事
可能な編成に合わせてのアレンジ すごいです!
今度似たような戦力と編成でやることがありそうなので、参考にさせてもらいます

自分がやる時はまず盾を剣にして、パッセに合わせてオディリックサブタとエントラストのヴェックスでラムウのアムネレジも試して見ますw
駄目でしたら完全にコピーの運ゲーを

2. 無題

操作ミスでほぼ書き終わったところで送信になってしまいました
書いてから一度読み直すのですが、確認も出来ないので変・失礼な文章などあったらごめんなさい

一般人様

コメントいつもありがとうございます('◇')ゞ
こんな辺境ブログにコメント下さるなんて貴重な方なので、コメント多すぎとかちっとも思ってませんよーw

>オディリックサブタとエントラストのヴェックスでラムウのアムネレジ

なるほどッ。そういう手がありましたかー。またやる機会があれば試したいですね。まずは、目の前のシャー・ゼルデ・アルブメンですけど。ここからが本当の本物の本番ってカンジがします。

失礼とか全くそんなことはないので、これからもどうぞよろしくです!

3. 無題

チームゆるふわ 別鯖支部
ヴィニパタやってきました
お試しでオディリックサブタ&インデヴェックス ジオフレイル エントラストトーパーをやってみました。
テストと言うことで削りはニル召喚1人だけだったのにあっさり勝ててしまいました
1戦だけですが、アムネにはなりませんでした!

1戦なのでデータとしては弱いですが、こっそりと報告ですw

一般人様

>チームゆるふわ 別鯖支部

いつの間にか手広く他鯖展開していたとは、チームゆるふわの名前だけ隊長たる僕でも気付きませんでした。そして、わざわざご報告ありがとうございます!ってことはオディリックサブタ有効なんですねー。情報ありがたし。コメントありがたし。ほんとに、いつもいつもありがとうございます('▽')

このブログについて

某鯖、某プレイヤーによるFF11雑記。

数少ない知り合いと遊んでいたサーバーから諸事情により移転し(悪事はしてないぞ!)、現在は、5年ぶりに復帰したリアフレのサムとフラフラ遊んでます。そんな、脱力的日常から、厨二病ポエムまで幅広く扱う雑食系ブログです。攻略ブログではないため、攻略っぽい記事は参考程度ということでお願いします。

プレイヤーの名前は全て仮名です。

コメントは承認後の公開とさせて頂いてます。秘密のお手紙の場合は「非公開希望」とご記載下さい。

リンクはフリー、報告不要です。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.